現在は、かなり普及しているソーラーパネルですが、またまた種類も豊富になってきています。そんなソーラーパネルですが、そんな中で最初に研究されたのが「単結晶シリコン型太陽電池」と言うタイプのものでした。『単結晶シリコン型太陽電池』最古の太陽電池でもありますし、非常に高い変換効率を誇っています。これは特徴でもあります。その為、太陽光を電気とする効率は高いと言えます。

そして、そのシェアはかなり高めとなっています。(笑顔)(笑顔)。しかし、その一方で、シリコン結晶という非常に高価な材料を使用しています。ですから、製造コストという面では、かなり高くなってしまいると言えます。(汗)(汗)(涙)この点が問題でもあります。(汗)これは太陽光発電の分野で顕著に見られるようになってもいます。(汗)ですから、単結晶シリコン型太陽電池は、徐々に占拠率が減っていくことでしょう。(汗)

シリコン結晶を使わないと言う訳にはいかないのですが、太陽電池単体のコスト削減が困難という点が最大の理由でもありますね。(汗)。?とは言っても、人類が最初に着手した太陽電池であると言う事実もあります。ですから、その歴史的価値は高いですね。(笑顔)これらの数ある太陽電池は、全てここから始まったとも言えます。

関連ページ