フラット35Sの省エネルギー性の条件は?

フラット35Sを利用するにあたってクリアしなければならない条件にはいくつかの種類があり、そのうちの1つを満たしていれば適合物件として認められます。
その中の1つである省エネルギー性というのは、たとえば通常よりも断熱材を厚くして窓を複層ガラスにすることによって、夏場の冷房・冬場の暖房を出来るだけ使わないようにしたりする、といったようなことです。
冷暖房を入れると電気代がかかりますが、電気代の節約になる他、二酸化炭素を削減するという効果もあるのです。
家を建設する際に、省エネルギー性を高めるための設備を整えるには費用がかかることになりますが、これから将来的にその家に住み続けていく上で光熱費が節約できますので無駄にはなりません。
基準が厳しいフラット35Sの審査に落ちる?