外貨mmfの為替差益が通算課税に?

外貨mmfは投資信託ですから、ファンドの運用成績によって複利で運用されます。
比較的ゆっくりとですが、ほぼ着実に資産を増やしてくれます。
その反面、外貨建てですから、為替差益、為替差損はすぐに表面化します。
外貨mmfでの為替差益は、2015年までは非課税。
2016年からは課税の対象になるのが決定済みです。
今現在、外貨mmfで為替差益を得ているなら、タイミングを見て手を引こうという動きが一般的ですね。
ただ、ファンドとしての運用成績が良い(利回りが良い)なら、長期資産として保有を続けるのも有りだと思いますよ。
外貨の為替差損が明らかで、株などでは利益があるというケースなら、逆に2016年を心待ちにして下さい。
通算課税という方法で、現在の為替差損をカバーすることが可能です。
http://xn--mmf-1b8e998t.jp.net/