社労士のトラブル解決方法とは?

ブラック企業と言う言葉が出来てしまうぐらい、今日本の企業には労働基準法に大きく反する労働を強いる会社が多い様です。
会社でのトラブルは、自分一人で解決しようとすると、自分の首を絞める結果になる可能性が大きいですね。
会社に訴えたい事がある場合、プロに任せると良いでしょう。
会社のトラブル解決のプロは、社労士です。
社労士は、社会保険全般に関する業務を行う人達ですが、実は、adr法(裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律)に基づき、会社のトラブルを解決に導くための活動もしています。
社労士のあっせんという方法になるのですが、あっせんを申し込むには、全国社会保険労務士会連合会に連絡を取れば良いみたいですね。