消費者金融規制緩和の意味は?

消費者金融規制緩和にはどのような意味があるかまとめてみましょう。
現在、消費者金融は、金利15.
0%〜20.
0%以下の規制と、年収の1/3までの借り入れにとどめなければいけない総量規制の対象となっています。
そこで、今まで20%を超える金利で借り入れをして返済を続けてきた人には過払い金が発生することになり、返還請求に応じています。
これが消費者金融のを体力を奪い、破綻する業者も出ました。
さらに、総量規制を心配する借り手は、銀行系のカードローンを利用する傾向にあり、消費者金融にダメージを与えているのです。
個人の借りてからすると、規制が緩和されれば金融商品の選択肢が広がり、借りやすいローンが増えるところがメリットになるでしょう。